角ノミのホゾ掘り

GW中の作業の見学、お手伝い等のお知らせ

「セルフビルドは最高のエンターテイメント」GW作業のお知らせ。

セルフビルド、ナチュラルビルディング、オフグリッド等に興味のある方、GW中に作業参加、見学等が出来ます。

主な作業予定は下記になります。

 

■ 4/29~5/2

・自作製材機での筋交い材づくり、

・柱、梁材研磨等

・板材加工、研磨等

・簡易休憩所づくり

・農作業

・苗管理

 

■ 5/3,4

・建方準備

・コンポストトイレづくり

・柱、梁材、研磨等

・苗管理

 

■ 5/6,7(8,9)

・建方

・苗管理

 

※ 建方作業はヘルメットが必要です。

 

・食事はウッドガスストーブ等で現地の薪で調理。

・人数に寄りますが、ワイルドに寝れる人は現場での小屋泊まりやテント泊です(要寝袋)。

・別に村内や白馬等で宿泊を確保していただき、日中のみ参加も歓迎です。

・お子様連れでの見学やお手伝いも歓迎です。(危険な作業は出来ません)

・天候により作業予定変更や中止等があります。

・作業される方は汚れても良い服装、靴等が必要です。

 

連絡先: 「セルフビルドは最高のエンターテイメント」      河辺 090-2726-4274 (現場では電波状況がやや悪いです)      Facebookでのコメント、信州風土やのお問合せ、TEL等より事前にご連絡をお願い致します。

場所: 長野県小川村の山の中


イエローミミ(トマト)

イエローミミ

昨年初めて作ってみたイエローミミ。

 

けっこうイイなあと思ったので今年も栽培します。

イエローアイコより割れにくく良かった。

 

その他、毎年数種類のトマトを栽培しています。

 

サンマルツァーノのたね

サンマルツァーノの種

 

 

現在、踏み込み温床の温度は37℃くらい。

ワラ多めのバージョンです。

 

苗土にすると、カリウム分が多いかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 


柿渋づくり2016春

手作り柿渋

柿渋づくりのために青い柿を収穫したのは一昨年の初秋。

収穫後、細かく砕いて少しだけ水を加えてタンクで保存。

酵母菌が活発に活動してプクプクと泡が出ていたけどそのまま放っておいて、かれこれ1年半くらいが経過。

 

腐敗もせずに、今でも食べられそうなくらい実の破片がしっかりしてる。

しかも、いい香り。

 

 

再度、柿渋の作り方をせっせと検索。

どうやら、布等で液だけを濾してみた方が良さそうかも!?

 

まあ、濃い茶色にならなくても、渋の成分としては大丈夫そうでそのままでも使えるという話もあったり、、、。

 

これからどうしようかなあ?

 

 


掛かり木

掛かり木

狙ったところにイイ感じに倒れた。
が、掛かり木になって、、、。

 

これだけ離れていれば、相手の枝を折りながら落とせる、と思っていたけど。(枝払い風に)

 

掛かり木に

掛かり木に

 

とりあえず今回の対処は、

  1. 倒す時の丁番がわりになるツルをチェック。
  2. 自作フェリングレバーで回せないかやってみる。
  3. ワイヤーで山側に引っ張る。
  4. 下から順番に玉切りしていって垂直くらいまで近づけ倒す。

この木は良い材になりそうなので出来れば4は避けたい。

 

でいってみよう。

 

ツルがまだつながっている状況なのでまずはそれから。

 

ツルを切ると間違いなくチェンソーが挟まれるので

クサビを効かせながら、、、。

 

この前作ったケヤキのクサビが役に立つ。

一緒に切れてもいいし。

 

結局、うまく右回りに回転して落下成功。

かかり木処理

かかり木を倒す


即席クサビ

即席クサビ

先日切ったケヤキでクサビをつくってみた。

 

枝の部分をただ斜めにチョーンソーで切っただけです。
芯材ではないけど、それなりに使えそう。

 

大きさや角度を自由に作れるので

いろいろ試してみようかな。

自分で杉の伐採

自分で杉の伐採

 

杉の伐倒続き

杉の伐倒続き

 

 


クルミの木の伐採

再び伐採作業

先日のセルフビルド建築現場の近所さんの伐採に続き、

また別の場所の伐採。

 

前回は、杉ばかりでしたが

今回はクルミ、ケヤキ、柿など。

 

以前なら、もったいない~、なんで~ って思ったけど

山に住んでいて実情に接していると

持ち主の皆様の気持ちもわかってきます。

 

今回も斜面きつめ。

広葉樹の伐採

広葉樹の伐採

 

道側に傾いているのはチルホールでワイヤーを使って反対側に倒しました。

 

クルミの伐採

クルミの伐採

 

他の方のお墓にかぶさってきているケヤキも向きを変えて耕作していない畑側に倒しました。

けっこう重かった~。

 

 

 

 

 

 


自作製材機の上下回転レバー

自作製材機のマイナーチェンジ

タイヤ式自作製材機のマイナーチェンジ実施。

 

ここ最近、そろそろと思っていた修正をいろいろと。

 

まとめ

① タイヤ交換

② ベアリング交換&システム修正

③ 補給水システム修正

④ 上下回転レバー固定

⑤ 屋根(1月に設置済)

 

 

① タイヤ交換

自作製材機のタイヤを交換

自作製材機のタイヤを交換

元々片減りしていたタイヤなので、少しだけセンターずれしていたため、タイヤ交換したかったとずっと思っていた。

 

DIY製材機のタイヤを交換

DIY製材機のタイヤ交換

雪の中から引っ張り出すのが大変でした。

おしゃれにスタッドレスタイヤに履き替えたら、まあ調整範囲内かと思っていたサイズ違いが、調整範囲外で使えず、結局別の夏タイヤに。

う~ん、なかなかイイ感じ。

やっぱり、安全運転は足元から。

 

② ベアリング交換&システム修正

 

自作製材機ベアリング固定

自作製材機ベアリング修正

今回は、横にスライドできるように改造しました。

久しぶりの溶接です。

安物の溶接機でも十分な仕事をしてくれます。

自作製材機を修正改造

自作製材機に溶接で修正

ちと、クランプの強度が弱いかな。

補強したいけど、ちょっとめんどくさいなあ。

 

③ 補給水システム修正

 

補給水システムを修正

補給水システム修正

一番安い蛇口を、タンクに穴をあけてつけてみた。

なかなか具合がイイ。

 

ちなみにタンクの中は、寒冷地仕様のウォッシャー液。

このおかげで、真冬の信州でも作業が出来る。

実はこれはデカい!

 

④ 上下回転レバー固定

自作製材機の上下回転レバー

DIY製材機の上下レバー

 

いままで固定していなかったレバーをサクッと固定してみた。

あ~、こんな事さっさとしておけば良かった。

 

⑤ 屋根(1月に設置済)

DIY製材機に屋根

自作製材機の屋根

 

 

さて、これからさらに進化させていきたい自作タイヤ式製材機。

 

そのうち、座るところとか出来たりして、、、。

 

 

 

 

 

 


自作製材機のベアリング修理

ベアリング修理

自作製材機。

刃を定位置に持っていくためのベアリングが

ガタガタとし始めた。

 

自作製材機ベアリング固定

自作製材機ベアリング固定

 

そして、最終的には中のボールがパラパラと。

 

 

さっそくベアリングを入手して交換作業。

 

 

こうなりそうなことは、予測していたけど。

 

 

自分つくっているから、しかも汎用品で作っているので

部品がないとか無いし、サクッと直せるのがイイ。

 

 


チェーンソー刃の交換

チェーンソーの刃を交換

もうかれこれ10回は交換しているチェーンソーの刃。

 

新しいソーチェンを注文し届いたので組み換え。

 

 

本格的な活躍はもう少しあとかな。

今は製材機で材料づくりを優先したいところ。

 

2月の途中から、周囲の伐採に入りたいなあ。

 

 

 

 


信州で有機農業とセルフビルドの家づくりなどを楽しんでいます。