スカスカな木

伐倒側に受け口をつくろうとしたら、
スカスカ。
手でポロポロと取れる感じ。 
IMGP9183_20130124192909.jpg
通常は、受け口をまずつくってから
後ろ側の追い口で途中まで切断し、最後までは切らずに倒します。
この残った部分が、蝶番の役目をします。
伐採の一番大切な部分で、
これをつくる事で倒す方向をコントロールします。
木の重心や形状によって、その蝶番の厚みを微妙に変えたりしてます。
で、この木はその蝶番かわりになる部分が無い状況になり
どこに倒れるか分からない感じになります。
もう少し高い部分で作り直すかとも思ったけど
ワイヤーでテンションをかけながら、伐倒。
IMGP9184_20130124192910.jpg
なんとか、倒したい方にいってくれました。
いろいろとイレギュラーな事が起きハラハラします。