SWS試験用ロッド

地盤調査

井戸掘りの前に、地盤調査。

写真は、スウェーデン式サウンディング試験のスクリューポイント。

これをロッドの先端にセットして、仕様に従った荷重をかけ回転し、決められた距離沈む際の半回転数から計測。

 

このSWS試験は、現在の住宅建設地盤調査のもっとも一般的な方法。

通常は建物四隅と中央の5か所だけど、元々平らではない地形なので測定ポイントを増やした。

南東コーナー周辺が、予想よりけっこう低かった。
傾斜の関係もあるけど、唐松の切株を抜いたりしたのも近かったかも。

他は布基礎でOKなレベル。
まあ、バックホウの爪をさしても重機本体が浮くぐらいのところは地耐力はかない大きい。

 

本当は建物をもっと南側に移動させたかったけど、地盤改良が必要になるので、やっぱりダメだった。

地盤改良は六価クロム等の有害物質が発生する場合もあるし、お金もかかる。

建物の位置は手堅くいこう。
このあとは、井戸掘りに復活予定。
の前に畑の方もしないと、、、。