ホスピタリティーの向上

松本広域 観光フォーラム2008 に行ってきました。
エコツーリズムつながりの方から案内いただきました。
テーマは 
ホスピタリティーの向上による地域の魅力づくり
講師は、山田桂一郎氏 JTIC.SWISS代表。
世界のトップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ。
国内では、地域振興・再生・環境保全のコンサルタントとして活躍中。
山田桂一郎さんの話は以前にも聞いたことがありますが
今回も、ハイテンポで中身が濃い。
日本の地域がかかえる問題点やこれからの進むべき道
なんかもズバズバ言うのでかなり面白い。
これからの農業、もう少し大きく言えばこれからの1次産業が
面白くなるためのキーワードは
ホスピタリティー(おもてなし)の向上」。
今日はホスピタリティーの視点から、地域の魅力を高め、リピーターの
心をつかむための考え方や実践のヒントを得ることができました。
農業の世界でもこの視点が大事だと、再認識した日でした。


溝に はまった車の救出

農業資材を軽トラに積んで走っていたら
溝に片輪がはまっているワゴン車が。
応援に行くと村のガソリンスタンドの方も。
ワイヤーで引っ張ったけど、古い錆びたワイヤーで
2回ほど”ブチッ”。
最後は何とか脱出に成功。
いやあ、錆びたワイヤーは怖いですねえ。


美麻珈琲さん

美麻珈琲さんよりチョコレートが届きました。
突然の贈り物にびっくりです。
我がヨメ、なお吉はかなりお喜びのご様子。
今日はのんびりとコーヒーをいれてブレイクタイム。
絶品のうまさでした。
ありがとうございます。
IMGP8404.jpg

ところで美麻珈琲さんは、現在となりの旧美麻村で
藁の家をセルフビルドされている方です。
関西地区では有名な「サント・アン」という洋菓子屋さんのオーナーさんです。
美麻珈琲さんはこちら
セルフビルドを愛する私として、何度かお手伝い
(邪魔しに?)にも行きました。
煙突にタイルを張ったり、藁の壁に漆喰を塗ったり、足場を解体したり。
多くの仲間たちに支えられながらも、こつこつと造られています。
2006.12 2729

藁の壁に漆喰を塗るオーナーさん
2006.12 2840

足場解体
2006.12 2915

私も
2006.12 2919

我が子たちも(邪魔してすみません)
2006.12 2918

窓からの眺めも、すばらしい!
2006.12 2722

オープンは本年6月1日の予定です。
みなさん、是非ご一緒しましょう。


地区の集まり

今日は、山小屋より早めにもどり地区のボーリング大会へ。
2番目のチビもボーリングデビュー。
よろよろのボールで途中で止まりそうです。
小学生の長男は、まあ何とか転がしてます。
上の商品はもちろん手に届かなかったけど、
子供達は参加賞でも十分嬉しかったようです。
段取りされた皆さんありがとうございました。
小さな子供達に気を使って頂き感謝な一日でした。


山小屋で

週末は、持続可能な社会を目指す人達の集まりに行ってきました。
寝袋持参で15名程集合。
場所は北軽井沢。
7年近く前に14家族で共同でセルフビルドした土壁の山小屋です。
私も当時、会社員でしたが休みがある度に
通い、建設には2年程かかりました。
セルフビルドの面白さを体で体験しました。
IMGP8374.jpg

2006.12 2448

2006.12 2405

今回集まった方々のキーワードは ”パーマカルチャー” です。
パーマカルチャー” とは
持続可能な環境を
つくり出すためのデザイン体系
のこと。
最近、若い世代を中心に脚光を浴びています。
パーマカルチャー
みんな、面白い取組みをしている人達なので
話が楽しいし、魅力的です。
IMGP8387.jpg

こんな仲間がいて、これからの暮らしがますます楽しみです。
多くのつながりを大事にしていきたいです。


日本エコツーリズムセンター講習会

NPO法人 日本エコツーリズムセンターの講習会(2泊3日)に参加してきました。
個人的には、無農薬野菜の販売を生業としていくつもりですが
日本の農村部の幸せな暮らし方にあこがれて、
また、今後の循環型社会に向けた様々なヒントを得るために
昨年のエコツアーコーディネーター講習会に続きガイドの
講習会も受講しました。
エコツアー・ドット・ジェイピー
IMGP8342.jpg

ここのすごいところは、エコツアーの本質的な考え方を通じて
日本の農村部がかかえる問題の解決のヒントや
持続的可能な社会を未来の人達に引き渡していける考え方
を吸収できるところです。
IMGP8358.jpg

講師陣は
広瀬敏道氏 (日本エコツーリズムセンター代表理事、ホールアース自然学校代表)
青木将幸氏 (青木将幸ファシリテーター事務所代表)
海野義明氏 (NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター代表理事)
佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校校長)
福井隆氏  (東京農工大教授)
嵯峨創平  (NPO法人環境文化のための対話研究所代表)
どの方も魅力的で、日本の農山村部の豊かな暮らしを心から願う人達です。
参加者も今後のお付き合いが楽しみな人達ばかりです。
中には大学の先生も参加されていました。
IMGP8347.jpg

2日とも遅くまで飲み会にくり出しました。
大変有意義な時を過ごせました。
講師陣の皆様、参加者の皆様お疲れ様でした。
ありがとうございました。またお会いしましょう。


農の勉強会

今日は農の勉強会。
主催は 長野の新規就農者グループぷ組
新規就農でありながら数多くの勉強会で
技術力急上昇中の集団。
誘っていただき感謝!
講師は小祝さん。
小祝さんの講座は何度受けてもすばらしく
毎回、有機栽培を理論的に伝授してくれるすごい人。
有機栽培は化学肥料でつくるよりもずっと有利で効率的との
考えで、全国にすごい結果を出しています。
日本の農業人口は減る一方ですが、農業を経験やカンではなく
理論的に実践し少しでも良い方向へもっていける人です。しかも有機栽培で。
こんな方が住んでいる長野は、農業にはすばらしい環境です。
がんばって美味しい無農薬野菜をつくります。
今日も実践的な考えをいくつも吸収することができました。
講座が終了した21時には、車は冷凍庫状態。
やっぱり安曇野の方は寒い!
開催準備された土肥さんお疲れ様でした。
ありがとうございました。
これからもどんどん勉強しよう!

有機栽培の基礎と実際―肥効のメカニズムと設肥設計 有機栽培の基礎と実際―肥効のメカニズムと設肥設計
(2005/04)
小祝 政明

商品詳細を見る

有機栽培の肥料と堆肥―つくり方・使い方 (小祝政明の実践講座 1) 有機栽培の肥料と堆肥―つくり方・使い方 (小祝政明の実践講座 1)
(2008/01)
小祝 政明

商品詳細を見る


古民家イベント2

古民家イベント2日目
今日はメインイベントは餅つき。
村内や長野市から、また遠く県外から総勢25名。
まずは、もち米をふかすところから始めます。
IMGP8253.jpg

IMGP8259.jpg

いい具合になったところで全員で。
IMGP8284.jpg

やっぱり つきたては最高です。
ぜんざい、おろし醤油でいただきました。
醤油まで自家製です。感動。
ここは小川村、やっぱり”おやき”づくりも。
IMGP8316.jpg

いやあ、幸せな時間を過ごせました。
やっぱりこんな暮らしすごく豊かです
今日も皆様に感謝でした。
ありがとうございます。


信州で有機農業とセルフビルドの家づくりなどを楽しんでいます。